2016年9月25日日曜日

赤城山ヒルクライム


山頂への荷物運搬締め切りが06:10だったため、余裕を持って5時半に実家を出発。

手違いでエキスパート・クラスに申し込んでしまったので、07:05スタート。
その前にトイレを済まそうと思ったら大渋滞。
高校の部室のトイレを使うことになってたのだけど明らかにキャパシティ不足。
途中で諦めるわけにも行かず、なんとエキスパート・クラスの出発に遅れ、次の第1グループのスタートに紛れて出発。w
あとはひたすら登るのみ。
乗鞍と違って、前半がすでにキツい・・・
それでも何とか足を付かずに登った。
冒頭のロガーデータが示すようにゴール手前500mくらいで藻搔いたけど、ゴールまで保たなかったのがバレバレ。w

試しにコースプロフィールを両大会の公式サイトで比較してみると
赤城山ヒルクライム
距離20.8km、標高差1,313m、平均勾配6.4%
マウンテンサイクリングin乗鞍
全長20.5km、標高差1,260m、平均勾配6.1%

殆ど変わらない。(乗鞍のスタートは赤城のゴールくらいの標高、というのが異なる点)
今年の乗鞍のタイム
02時間07分43秒409
そして、今日の赤城のタイムは下の完走証明書が示す通り、ネットタイム
02時間07分42秒

1秒しか変わらない!
プロフィールが変わらないことをデータで証明した。w

# グロスタイムが遅いのは、前述の通り後のクラスに紛れてスタートしたため。
# 因みに氏名は申込者の氏名になっている。
エキスパート・クラスの最下位を覚悟していたけど、そうでもなかったのが意外。
案外、止むを得ず協賛枠で出た人が他にも居たのかもしれない。

朝のトイレ渋滞も酷かったけど、下山の渋滞ももうちょっとなんとかしないと・・・
乗鞍と違って、市街地に帰ってくるため、一般交通との輻輳があり、交差点毎に嫌という程待たされた。

0 件のコメント:

コメントを投稿